人気ブログランキング |

ぶらり広島街歩き

hiroburari.exblog.jp
ブログトップ
2012年 09月 09日

広電廿日市駅 さよならイベント

広島電鉄の駅・電停のうち木造で唯一残る、宮島線の廿日市駅の駅舎が今秋、移設のため解体される。

大正時代の開業時から地域を見守った駅に、地元では惜別の声が相次ぐ。有志のグループは8日、さよならイベントを開催した。

 同駅は1924(大正13)年に廿日市町駅として開業。当時は路線の終点だった。戦前の改修工事などを経て現存する駅舎は木造平屋約25平方メートル。ホームにつながる待合室に残る出札窓口や鉄製の改札口が往時をしのばせる。出札窓口は、2005年に業務を終えていた。

 市が本年度着工する沿線道路と駅前の整備事業に伴い、広電は10月以降に駅舎の解体を始め、新たなホームを約50メートル東側に移設する予定。新駅は来年3月末の供用開始を目指す。
(中国新聞:http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn201209010030.html)

c0188437_6225776.jpg

c0188437_621428.jpg
c0188437_6213392.jpg

c0188437_6215193.jpg

c0188437_6215843.jpg

c0188437_622671.jpg

c0188437_6221397.jpg

c0188437_6221952.jpg

c0188437_6222457.jpg

c0188437_623584.jpg


by haruharu_0504 | 2012-09-09 06:22 | 廿日市市


<< 二百廿日豊年市民祭      ブラッセ宮内 はつかいち夜市 >>