人気ブログランキング |

ぶらり広島街歩き

hiroburari.exblog.jp
ブログトップ
2018年 02月 28日

天王社境内巨樹群

このお宮の森は、自然の森ではなく人間によって植えられたものと思われるが、木の年齢も古く、珍しい種類もあるので、貴重な文化財である。
ケンボナシは秋に果実の柄が膨らんで甘みがあり食用になる。種子が「羽根つき」の玉に利用され、種皮にサポニンが含まれるので、昔は、石鹸の代用にされた。この木は県内では第二位の巨樹である。イヌマキは県内第七位、エノキは第15位の大きさである。
この他にもシイモチ(liex buergeri,モチノキ科)があり、木は小さいが、貴重な種類である。
c0188437_09245188.jpg
c0188437_09245213.jpg
c0188437_09245216.jpg
c0188437_09245198.jpg



by haruharu_0504 | 2018-02-28 09:25 | 廿日市市


<< 五日市八幡神社      宮内天王社(廿日市市宮内) >>